HOME > 地域への貢献活動

地域への貢献活動

 

 

みんなで

助け 活かし

廻り廻って みんなが幸せ 

 

 

 

 

スポーツの支援を通して

地域の活性を応援しています!

 


 

 

プロバスケットチーム

岩手ビッグブルズを応援します!

 

ビッグブルズ公式HP

 

メディエーションズでは地域の活性に貢献したいと考え、地元岩手県のプロバスケットチーム「ビッグブルズ」のスポンサー(サファイア・パートナー)になっております。

 

選手たちが常に最高のコンディションで試合に臨める様に、当社主力製品「Dr.Rex Premium ードクターレックス・プレミアムー」を選手全員に無償提供しています。

 

当社では「ビッグブルズ応援団」を結成し、お客様と共に試合会場へ応援に行く他、選手激励の食事会などを開催しています。

 

選手たちは、

当社のブランドネーム

「レクステラ」

のロゴを付けて頑張ってくれています!

 

ブースター署名にご協力頂ける方は下記より用紙をダウンロードして下さい

ブースター署名用紙はこちら

 

 

当社発行小冊子内でのインタビューをご覧頂けます

選手兼副コーチ    岩手県出身

永田 晃司 選手    千葉 慎也 選手

 

小冊子抜粋PDFはこちら

 

 

選手達の声 

コメント

只今編集中・・・

 

 


 

 

発展途上アスリートを応援します!

 

 

自転車ロードレース選手

 

奥山 太郎

1995.7.28生まれ

北海道出身

現在、岩手大学に在学しながら自転車ロードレース最高峰に位置する「Jプロツアー」に参戦。

全国の大会に挑戦し、日本チャンピオンを目指している。

 

 
みやだクリテリウムE2 優勝   岩手日報杯 優勝

 

 

ケガに悩まされていた奥山君は、当社製品を愛用する様になってから、あきらかに体力、疲労感、持続力に変化があらわれているという。

愛車には当社製品ロゴマークを付けて試合に臨んでくれている。

 

 


 

 

頑張る若者を応援します!

 

夢に向かい頑張る学生やスポンサーがまだ付かない発展途上のアスリートを喜んで支援します。

 

当社のスポンサー支援は、営利を第一の目的に行っておりません。

もちろん選手が成長し、いずれ当社製品の宣伝に繋がるならばそれに超した事はありませんが、まずは夢に向かい頑張る若者を応援出来ればそれで満足です。

 

毎日の健康管理ケガのケアの為に当社製品を無償提供していますので、支援を希望される方、詳細を聞きたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

未来を担う

子供たちを支援しています!

 


 

児童養護施設に暮らす日本の子供たち

貧困に苦しむスリランカの孤児の支援

NPO法人ハートアライズ

 

ハートアライズは当社代表が理事長を務める非営利活動法人です

 

毎月1,000円 

一人の1,000円で出来る事はごく限られた支援ですが

みんなで力を合わせる1,000円では、どれだけの事が出来るのか、ぜひ知ってもらいたい!

 

 

【公式ホームページ】  【Facebook】
クリック クリック

http://mediations.jp/blog/

 

 

 


ハートアライズでは、

東北を中心に親のいない子供、親と暮らせない子供、スリランカの孤児を支援しています。

0歳~18歳までの約400名の子供たちの生活、就学、心の育成支援、貧困地域に暮らす約5,000名の毎日の飲料水を確保しています。

現在、

約200名の会員さんと共に活動を行っています。(2017現在)


 

 日本の子供支援

東北の児童養護施設に暮らす0歳~18歳までの親のいない子供、または親と暮らせない子供たちの生活支援をしています。

子供たちの生活に密着した支援、触れ合いを大切にした支援をしています。

 


 

 海外の子供支援

親のいない子供、または経済的な理由で学校へ通えない子供の就学を支援しています。

就学に必要な教材、学用品、衣類なども支援しています。

 


 

  海外の健康支援

スリランカの貧困地域に暮らす人たちの安全な飲料水を確保する為の浄水所を建設しています。

また、経済的な理由で病院に行く事が出来ない病人に当社製品を定期的に無償提供しています。

 


 

 

心の育つ大切な時期に両親を失う子供がいます。

愛情をもっとも必要とする時期に、親の虐待に苦しむ子供がいます。

この豊かな日本で、命の危険にさらされ、おびえながら暮らしている子供が多くいます。

 

親の代わりは出来ないけれど、社会に認められ、期待され、愛された子供たちは将来その地域、国を愛する大人に育っていくと信じています。

 

2010年から始まったこの活動も、徐々に支援の輪を広げる事が出来ました。

今後も、地道に支援の輪を広げて行きたいと思っています。 

 

皆様のご支援をお待ちしています。

 

 

【現在の支援対象】

 

日本国内

〇岩手県盛岡市社会福祉法人「青雲荘」

〇岩手県花巻市社会福祉法人「清光学園」

〇岩手県一関市社会福祉法人「ふじの園」

〇社会福祉法人ファミリーケアサービス「横手市立県南愛児園」

〇日本赤十字社「岩手乳児院」

〇秋田県秋田市社会福祉法人「感恩講児童保育院」

〇岩手県盛岡市社会福祉法人「愛児会」 3施設

 ◇みどり学園 ◇盛合ホーム ◇石川ホーム

 

海外支援

〇スリランカ孤児の就学支援

〇貧困地域 『命の水プロジェクト』 支援

 ・浄水施設の建設 ・栄養失調の改善予防(当社製品の無償提供)

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

当会のポリシー

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

ハートアライズの運営資金は、活動を支援する会員さんの会費(毎月1,000円)とメディエーションズの支援金で運営しています。

 

この会費は100%活動費にのみ使用する事をモットーにしている為、理事長はじめすべての役員は一切報酬を受け取っていません

これは、ボランティア団体の資金の多くが役員報酬になっているという現実を知り、疑問を持って自分たちで立ち上げた団体だからです。

 

 

個人で出来る事は ごく限られたものです。

しかし、個人が少しずつ力を合わせると、それは足し算ではなく掛け算になっていく事を私たちは実感しています。

 

小さな助け愛は、新芽の様に少しずつ育ち、それがまた誰かの心に愛を育んでいき次第に愛の連鎖が始まっていきます。

その連鎖の最初の一歩あなたの支援から始まります

 

 

出来ることから一歩...

やれる事から一歩...

私たちと一緒に 心を豊かに育む活動をしませんか?

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい

詳しくはホームページで

 

【公式ホームページ】  【Facebook】
クリック クリック

http://mediations.jp/blog/

 

 

 

 

 

経営者の皆様へ 

(もちろん個人の方でも構いません)

 

100万円 の企業献金で 

 

1,000人命 を救いませんか?

 

 

26年続いた戦争も2009年遂に完全終結したスリランカ。

都市部は急速な発展を遂げるも、過疎地ではまだ政府の援助の手が届かず孤立化する村も多くあります。

この地域では、重金属や化学物質に汚染された水を毎日の飲料水として使用しなければならない現状です。

驚くことに、この汚染水が原因で村人の半数が腎臓病にかかってしまいます。特に子供たちへの健康被害が深刻です。

 

私たちハートアライズでは、最も貧しい村から優先順位をつけ汚染水を濾過する浄水所を建設しています。

 

この浄水所は、一カ所に付き約200世帯~300世帯の約1,000人~3,000人が毎日利用します。

つまり、毎日1,000人以上の人たちの命を繋ぐ事が出来るのです。

 

地元の高僧が言いました。「あなたたちは水を与えているのではありません、命を与えているのです。」と。

 

ご希望により浄水所建てや入り口正面に支援者の企業名や企業マークを刻印する事が出来ます。

 

100万円という金額は、濾過装置とその建てやのおおよその費用です。

浄水所の建設にはすべて合わせると約200万円ほどかかりますが、建築費、フィルター交換や機械のメンテナンス等の維持管理費はハートアライズが責任を持って行います。

 

 

なぜ? スリランカ?!

私たちが日本人でいれるのは、日本敗戦後に救いの手を伸ばしたスリランカのお陰!!

今こそ日本人として恩返しを…

 

詳しくはこちら

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

特定非営利活動法人 ハートアライズ

理事長 : 佐々木 純

事務局 : 遠山 友紀子

本 部 : 岩手県盛岡市下太田下川原159-3 〔㈱メディエーションズ本社内〕

電 話 : 019-681-9871(平日10:00~17:00)

FAX  : 019-681-9872

メール : heart.arise.npo@gmail.com

 

※お急ぎでない方は、上記メールにてお問い合わせ下さい

※迷惑メール設定はあらかじめ解除をお願いします。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

▲上に戻る